どこの業者を使えばいいの?

FX業者、一体どこの業者を使えば安全かなんて話題、必ずと言っていいほど関連書籍などに載っていますよね。100%ここが安全でお勧めなんていう業者は残念ながら今のところは存在しないのがホントのところです。

やはり、今の時代何につけても一寸先は闇。だったら、少しでも安全の確立が高い業者を選びたいですよね。

次の条件をチェックして選んでみれば、何も知らないで外為業者を選ぶよりは安心かもしれません。
・心配だったら、倒産の確率がかなり低いと思われる上場会社関連の業者にする
・資本金が多くて、口座数が多そうな、人気のFX業者にする
・複数のサイトやブログを見てまわって、みんなが使っているところにする
・ただしアフリ目的で宣伝している個人ブログもあるので見極めに注意
・電話で勧誘してくるような業者は使わない
・複数の業者に口座を開いて、しばらく様子を見る
1ヶ所だけで口座を開くのは、かなり危険です。最低2ヶ所で口座を持つことです。
これは今後も通用する取引の鉄則です。
FX年間取引高で選ぶなら外為オンライン
インターバンク直結のFXなら上田ハーローFX

チャートの種類

株取引には欠かすことの出来ないチャート。騰落レシオ、RCI、モメンタム、レシオケーター、サイコロジカルライン、OBV、ピボット、コポックなどが一般的ですが、それ以外でも特殊なものとしてギャンなどが挙げられます。

しかし、何も全てを知る必要はありません。チャートで重要なことは、株価位置や傾向を知ることです。また市場参加者の多くが同様に思うことによってますますチャートの法則どおりいくという面があります。しかし、いわゆる理論的に解明されているわけではありません。先程みたようにチャート破りの動きもたまにあります。

大切なのはチャートで当たりをつけてもそれだけで判断しないということです。
今ではもちろんニュースで世界中の動きが分かります。チャートだけ、情報だけなど偏らずに判断材料にすればリスクは大きく低減されるでしょう。

よく当たりますが、あくまで経験則であり、キチンとした理論的裏づけが無いことから、チャートに正しいチャートはないということができるでしょう。